現在位置:城南支部ホーム>城南支部について>支部規約

  • 大
  • 中
  • 小
  • 画面表示文字サイズ

城南支部について

支部規約

第1章 総則

第1条  本支部は東京都印刷工業組合城南支部と称す。

第2条  本支部の事務所は支部内適当な場所に置く。

第3条  本支部の支部組合員相互の親睦融和を図り健全なる向上発展を期するを目的とする。

第4条  本支部は品川区、大田区両地内に於て印刷業を営む者で東京都印刷工業組合員を以て組織する。

第5条  本支部の事業を円滑にするために地区内に必要区会を置く。

第6条  第4条に掲げる資格を有する者は役員会の承認を得て本支部に加入する事が出来る。
前項の承認を得たときは遅滞なく所定の加入金を納付しなければならない。

第7条  本支部組合員が支部運営に要する経費を負担する義務を有する。

第8条  本支部組合員が下記の各項に該当する時は役員会の決議に依って除名する事が出来る。
1.支部費及び本支部に支払わなければならない金銭の支払を怠り催告を受けて3ヶ月以内にその義務を履行しないとき。
2.支部の業務をさまたげようとする行為のある時。
3.本支部の体面を毀損した時。

第2章 事業

第9条  本支部は東京都印刷工業組合定款第7条の事業目的達成のため下記の事業を行う。
1.本部が行う施策に対する協力。
2.本部の必要とする各種調査並に報告に関する事項。
3.本支部組合員相互の親睦増進、事業上の連絡並に情報交換。
4.取引慣行改善に関する共同研究。
5.労務・環境・教育に関する資料の収集と提供。
6.優良工場並に優良従業員の表彰。
7.旅行会、運動会、講習会、見学会等の慰安と研修行事。
8.慶弔事項。
9.その他

第10条  前条に掲げる事業を行うために要する経費が支部予算を以て行い難い場合は役員会で臨時予算を編成し組合員の同意を得て之を行うものとする。

第3章 役員

第11条  本支部に下記の役員を置く。
1.支部長 1名
2.副支部長 若干名
3.幹事 大田区から5名以内、品川区から5名以内、合計10名以内とする
4.会計 2名(ただし、外部に委託することができる)
5.監査 2名

第12条  支部長は本支部を代表して本支部の業務を処理し本部並に組合員との連絡、伝達、交渉に当り又会議の議長となる。
副支部長は支部長を補佐し支部業務の運営にあたる。
また副支部長は常時支部と区会間の連絡を計る。
副支部長は原則として支部選出本部委員会委員を担当する。
幹事は正副支部長を補佐し支部と区会間の連絡を計り且つ担当区会の事業を処理し組合員との連絡に当る。
会計は本支部の経理を一切掌る。
監査は事業並に経理状況を監査する。

第13条  支部長及び監査の選任は推薦会議に於て内定する。
推薦委員は現支部長が委任し予め候補者の承諾を得て内定し総会において選任決定する。
副支部長は内定した支部長候補者が指名し本人の承諾を得て総会において選任決定する。
幹事は各区会内で互選により内定し役員会において決定する。
会計は役員の互選によって決定し支部長これを委嘱する。

第14条  本支部に総会の推薦により顧問及び相談役を置くことができる。
1.顧問は支部長の経験者で上記の議を得た者。
2.相談役は副支部長の10年以上の経験者で上記の議を得た者。
顧問及び相談役は必要に応じ各会議に出席する。

第15条  本支部の役員の任期は2年とする。但し重任は妨げない。
補欠のため選出された者の任期は前任者の残存期間とする。
役員は任期満了後であっても後任者の就任するまで其の職務を行うものとする。

第16条  本支部に事務局を設け事務局長を置く事ができる。
事務局長の任免は役員会の決議によって支部長が行う。

第4章 会議

第17条  本支部の会議を総会及び役員会とする。

第18条  総会は定時総会及び臨時総会とする。

第19条  通常総会は毎事業年度終了2ヶ月以内に召集する。

第20条  臨時総会は下記に掲げる場合に招集する。
1.役員会に於て必要と認めるとき。
2.第22条の請求があったとき。

第21条  総会は支部長が招集する。
総会の招集は開催日より5日前迄に会議の目的である事項、日時及び場所を記載した書面を各組合員に発して行うものとする。

第22条  本支部組合は組合各員の3分の1以上の同意を得て総会の目的及びその召集事由を記載した書面を支部長に提出し総会の招集を請求する事が出来る。
その場合の議長は組合員の中から之を選出する。

第23条  総会の議決は出席した組合員の過半数で決める。可否同数のときは議長が之を決める。

第24条  組合員は代理人により議決権を行うことが出来る。この場合の代理人は組合員でなければならない。
前項の代理人は代理権を証する書面を差し出さなければならない。
組合員は5名以上の代理となることが出来ない。

第25条  役員会は必要に応じ支部長が招集する。
役員会の決議は出席役員の過半数で行う。

第5章 会計

第26条  本支部の運営に要する経費は支部費及びその他の収入を以て之に充てる。

第27条  支部費の賦課基準は総会に於て定める。
但し状況に応じ役員会に於て賦課基準の金額を変更することが出来る。

第28条  本支部の事業年度は1年とし毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終るものとする。

第29条  組合費(本部費、支部費、共済金等)の納付は請求書到着後15日以内に事務局に送金・振込等により払込むこと。

第30条  本支部の収支決算は監査の審査を経て定時総会において報告しその承認を得なければならない。

第6章 細則

第31条  本規定に定めない事項は別に細則で定める。
細  則
1.慶弔
 イ.病気見舞 当主 10,000円(病臥1ヶ月以上)
 ロ.火災見舞    10,000円
 ハ.死去   当主 20,000円及び花輪
        配偶者・顧問・相談役・会長・当主の両親 10,000円及び花輪
2.その他については役員会にて決定する。
3.組合員死去の時は役員を通じファクシミリにより通知する。

第32条  本支部において、賛助会員を設けることができる。
賛助会員は役員会の承認をもって賛助会員となる。
賛助会員は年会費を納付し、本支部が主催する一定の事業に参加することができる。

第33条  この規約は平成20年 5 月20日より上記の通り改正施行する。